Minimal Green

はてなブログカスタマイズや、HTML、CSS、サイト制作などについて書いています。

ネットの写真を平気でパクる人にリアルで遭遇した【著作権侵害】

f:id:syofuso:20170127023222p:plain
著作権ロンダリングのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや
ここ数日ある申請書の作成の手伝いをしていたのですが、まったくコンプライアンスとか著作権とか考えていない人に出会って衝撃を受けています。

「ネットで拾ってきた」

文書を作る上で、参考写真が必要になったのですが、最初は父が撮った下手な写真を使っていたのです。その参考写真が見づらいとのことでアドバイザーである立場のA氏が写真を変更しました。
その写真は見やすく見栄えも良いのですが、明らかに業者の商品でした。
写真の出所を問いただすと、あっさりと
「ネットで拾ってきた」
と言うのです・・・。
「それはさすがに不味いです。せめて出典を明記して下さい。」というと
「あ~はいはい」
と面倒くさそうに軽くあしらわれました。
そして「出典は必要ない。データを補強するためだし、そちらのデータが弱いから仕方ない、理解してくれ」との応え。
文書は広く公にするものではないけれど、商業的な理由で、ある範囲の不特定の人間が見るもの。社内資料のような感じ。

社内資料や商業的な資料と著作権

社内資料でも写真や文章の無断転載は認められていない。
blog.livedoor.jp
ACCS-ビジネスマン必携!知って得する著作権

見栄えが欠けて都合が悪いからといって、勝手に他所からパクってきた写真を商業的な資料に使っていいのだろうか?結構公的な文書に近いのに。
出典元URLを書くのをなぜ省く?バレなきゃなんでもやっていいの?

疲れました…

A氏は私の著作権侵害ではないかという主張をクレーマーかのように扱い、「面倒くさいこと言う小娘だ」と思っていたに違いない。
地方の田舎だからこれで許されてきたんだろうけど、本当に平気で他者のものをパクる人っているんだと痛感しました。

社内資料のスライドだって、大学の講義やプレゼンのスライドだって、引用元、出典位書きますよね?なぜそれを省こうとするのか私には理解できませんでした。

結局問題となった部分は、出典を明記したとしても引用の要件にはならないと考え、写真ではなく私が描いた白黒の図面に変更しました。

こちらがいくら「著作権侵害は犯罪なんですよ」「引用のルール位守りましょう」と言っても鼻で笑ってる感じ…。

本来はA氏が地域の個人事業主にコンプライアンスや著作権のルールについて注意する立場なのに。

あんまり呆れたので、ついブログに書いてしまいました。疲れたー。
関連記事:
design.syofuso.com

 カスタマイズ目次

  • グローバルメニュー
  • シェアボタン
  • 囲み枠
  • ガーリーデザイン
  • ヘッダー周り
  • フッター周り

 はてなブログテーマ制作

 有料カスタマイズサービス

有料にてはてなブログ・アメブロ・WordPressカスタマイズ・制作承っております。

 最新記事